潤滑油のベースオイルの選択が重要な理由とは?

ポリオールエステル系潤滑油のサステナビリティへの貢献

潤滑油は、産業界、自動車、トラック、路面電車、機関車、エアコン、冷蔵庫、冷却装置など、ほぼあらゆるところで使用されています。潤滑油を賢く選択することで、メーカーは自社製品の環境フットプリントを減らすことができます。つまり、エネルギーを節約し、温室効果ガスの排出を減らし、漏出による環境への害を減らし、バージン化石原料の使用量を減らすことができます。

温室効果ガス排出量の削減

まず、気候変動について考えてみましょう。気候の深刻な変化を回避し、それに対抗するためには、エネルギー消費を抑える必要があります。そのためには、潤滑油の選択が重要な役割を果たします。潤滑剤は摩擦を減らし、その結果、システムで使用されるエネルギーを減らします。より効率的で目的に合った潤滑剤を選択することで、かなりのエネルギー削減が可能です。摩擦を減らすために、より良い潤滑油やその他の手段によって節約できる可能性は、最近のレビューで、世界のエネルギー消費の9%以上と見積もられています。

また、潤滑油の原材料は温室効果ガスの排出量に影響するため、再生可能な資源を使用した潤滑油を選ぶことで排出量を抑えることができます。

自然界への流出

次に、潤滑剤の漏出を避けることが難しい用途が多くあります。一般的に、使用された潤滑油の20〜40%が自然界に排出されると言われています。そのため、潤滑油の毒性は、自然界でどれだけ分解されやすいか、生物や生態系に蓄積されるかどうかが重要です。

しかし、現在、潤滑油の約9割に使用されている鉱物油は、環境毒性が強く、半減期が数百日と遅いものが多い。一方、鉱物油の代替品である植物油や合成エステルなどは、生分解性が高く、半減期は10~25日程度です。また、通常、毒性や自然界に蓄積される傾向もより低くなります。

海洋生態系を保護

このため、影響を受けやすい生態系への流出リスクが高い場合、当局や法律家は、環境に配慮した潤滑油の使用を支持しています。例えば、海洋生態系では、漏出した潤滑油は漏出した場所にとどまらず、海、湖、川などに拡散していきます。そのため、多くの国では、船や船舶のモーターなどの機械類、水路に近い場所の機械や設備、森林などにおいても、環境に配慮した潤滑油の使用を要求したり、支援したりしています。

人体との接触と安全性

潤滑剤が人体に接触しやすい場合、合成潤滑油は鉱物油をベースとした潤滑油に比べ、危険性がはるかに低くなります。合成エステルは、鉱物油に比べて発火点をかなり高く設計できるため、火災の危険性が低く、安全性の面でも好ましいといえます。

再生可能資源にフォーカス

第三に、世界人口の増加や世界共通の生活水準を目指す中で、化石原料の代替はますます重要な課題となっています。さまざまな材料について、再生可能なものやリサイクル可能なものを見つける必要があり、それは潤滑油にも当てはまります。これは、鉱物油から合成潤滑油への移行を意味し、特殊な技術的要件やその他の環境要件に適合するように流体を設計できるという利点をもたらします。合成潤滑油にとっては、バージン化石原料からの脱却も意味します。これを達成する一つの方法としては、バージン化石原料から再生可能な原料やリサイクル原料への移行を徐々に進めていくことです。

第三者機関の認定

潤滑油メーカーやユーザーが環境面を考慮する理由はいくつかあります。現在、環境適合型潤滑油(EAL)のエコラベルにはいくつかの制度があり、EUエコラベルが最も一般的に受け入れられています。潤滑剤は、毒性が低いだけでなく、生分解性があり、自然界に蓄積されないことが要求されます。また、潤滑剤は二酸化炭素の排出を削減する方法で生産され、再生可能な原材料の割合が高いことが必要です。

合成潤滑油と工学流体の事例

現在の合成潤滑油の市場は、ポリオールエステル系ベースオイルが主流です。水酸基を2つ以上持つアルコールと、長さや形(分岐/非分岐)の異なる有機(カルボン)酸が融合してできたこのベースオイルは、さまざまな方法で、さまざまな特性を持つように設計することが可能です。このため、ポリオールエステルメーカーに、性能に関する望ましい技術的特性と、生分解性、毒性、生物蓄積性、再生可能な原材料からの製造といった環境に関する要求とを組み合わせた、潤滑油のベースオイルをオーダーメイドするユニークな可能性を提供します。

パーストープは今日、ポリオールエステル向けのポリアルコール(ポリオール)と有機酸の両方を提供する世界有数の企業です。再生可能資源やリサイクル資源を原料とするパーストープの環境配慮型製品群は、既存のポリオールエステル処方に置き換えて頂けます。化学的・物理的トレーサビリティを適用したトレーサブルマスバランスの概念に基づき、環境配慮型ポリオールと酸はバリューチェーン全体で二酸化炭素排出量を削減し、再生可能・リサイクル可能な原材料の持続可能な調達をサポートします。

おわりに

結論として、潤滑油のベースオイルの選択は、製品をより環境に優しく、持続可能なものにするために重要です。ポリオールエステル系潤滑油を使用することで、潤滑油の技術的パラメーターの微調整による省エネルギー、省設備、相溶性の確保、生態系への安全性、そして環境に配慮した生産を同時に実現することが可能です。