プロジェクト・エア、グリーンケミストリーへの大規模な投資に関するEU申請を更新

スウェーデンの大手化学グループであるPerstorp社は、パートナー企業であるFortum社およびUniper社とともに、本日、EUイノベーションファンドにプロジェクト・エアーへの9,700万ユーロの資金調達を申請しました。このユニークなプロジェクトは、スウェーデンのステヌングスンドに持続可能なメタノール製造施設を建設することを目的としており、これにより、40万トン(スウェーデンの地域別排出量の約1%に相当)のCO2排出量を削減することができます。

2026年までに、持続可能なメタノールの大規模生産を実現することが目標です。このメタノールは、何千というアプリケーションを持つ化学製品の製造に使用することができ、いくつかのバリューチェーンにおいて気候フットプリントの改善を可能にします。

このプロジェクトは、バイオガス、電気分解による水素、残渣物、そしてPerstorp社の設備から回収した二酸化炭素をメタノール製造に利用するという革新的な方法によって実現されます。つまり、このプロジェクトでは、本来ならCO2排出となるはずの炭素原子を利用することになります。

「化学産業は、社会の持続可能な変革のための重要な役割を担っています。プロジェクト・エアの実現は、当社、顧客、パートナーにとって喫緊の課題であり、バリューチェーン全体を通じて持続可能な化学製品の供給力を高めることにつながります。」とPerstorp社の社長兼CEO、Jan Secherは述べています。「このプロジェクトは、スウェーデンの産業とエネルギー政策にとってユニークな機会であると同時に、課題でもあります。このプロジェクトは、バイオガスを原料として使用しようとするいくつかの産業転換プロジェクトの一つであり、スウェーデンは、これらの目的のために十分な供給を促すための措置を講じるべきです。」

Perstorp社は、アプリケーションを改良したプロジェクト・エアがEUイノベーションファンドからの支援を受けるのに適していると信じていますが、併せて、将来の資金調達の代替手段についても調査を行っています。プロジェクト・エアへの投資総額は2億3,630万ユーロになる見込みです。